坐骨神経痛 脊柱管狭窄症 ヘルニア の治療

  1. 腰から足にかけて痛む 又は ふくらはぎ、すねの外側が痛い
  2. 病院で坐骨神経痛脊柱管狭窄症ヘルニアと診断された
  3. 痛み、シビレがなかなか引かなくてあきらめている

上記に当てはまる方はトリガーポイント治療を試してみませんか?

レントゲンで病院にて診断されて、神経の問題だと言われた方も実は痛みの原因が筋肉の中につくられる痛みの元(トリガーポイント)を治療することで改善できる可能性があります。

痛みの原因として

  • 痛みがでているところに原因がある
  • 痛みがでている場所以外に原因がある
  • その両方に原因がある

の3つがあります。

 

 

図は小殿筋のトリガーポイント

 

赤色の範囲に痛みが出てる方

痛みが出ている場所から治療すべき場所を特定し、神経痛といわれてあきらめていた痛みも緩和させることができるのです!

 

痛みをとりたい方、神経痛だと言われた方、一度ご相談ください