ブログ

捻挫 の治療

前回に引き続き、捻挫についてになります。

急激な力が加わり、関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷。

○○靭帯損傷などと損傷した靭帯の名前が付きます。

捻挫の初期の処置としてRICE処置を行います

  • Rest(安静)
  • Ice(アイシング)
  • Compression(圧迫)
  • Elevation(挙上)

受傷後24~72時間に炎症を早期に抑えるためにこの処置が必要となります。

すぐに受診できないときはまずアイシングを自分で行いましょう。15分冷やして45分休憩を初日に繰り返し行ってください

アイシングの必要性→炎症期が治まると次に修復に移っていきます、炎症期を長引かせないことで早く靭帯の修復を促します。

当院の治療として靭帯損傷、関節への痛みには超音波治療器を使います。

1秒間に300万回の振動が、細胞を活性化させ治癒へと促します

炎症を早く治す効果があり、早期回復を考えるなら超音波は有効です!

 

  1. 検査にて損傷している靭帯を特定
  2. 炎症を改善させるために、アイシング、超音波照射
  3. 負担がかからないよう安静位に固定、圧迫(テーピング)を行う

を捻挫の処置として行います。

症状の経過にあわせてテーピング固定を変え徐々に可動性を持たせていきます。

 

 

捻挫 (足関節捻挫) の種類

平昌オリンピックフィギュアスケートで金メダルを取った羽生結弦選手も足首捻挫でした。

右足関節外側靭帯損傷という診断が出ているようです。

 

内返しで捻挫をすると 足関節外側靭帯損傷となります。

捻挫をした際最も損傷する可能性が高いのが

前距腓靭帯 となります。

②踵腓靭帯③後距腓靭帯などが外側靭帯となります。

 

上記の他にも内返し捻挫で損傷する可能性のある靭帯はあります!

羽生選手はどの靭帯を損傷してたのかは調べても出てきませんでしたが、痛めている靭帯に負担がかからないように固定をすることが必要です

そのためにはまずはどこを痛めているか検査が肝心です。

足の捻挫といってもいろんな靭帯があるので、自己判断せず専門知識を持っている人にみてもらいましょう。

 

坐骨神経痛 脊柱管狭窄症 ヘルニア の治療

  1. 腰から足にかけて痛む 又は ふくらはぎ、すねの外側が痛い
  2. 病院で坐骨神経痛脊柱管狭窄症ヘルニアと診断された
  3. 痛み、シビレがなかなか引かなくてあきらめている

上記に当てはまる方はトリガーポイント治療を試してみませんか?

レントゲンで病院にて診断されて、神経の問題だと言われた方も実は痛みの原因が筋肉の中につくられる痛みの元(トリガーポイント)を治療することで改善できる可能性があります。

痛みの原因として

  • 痛みがでているところに原因がある
  • 痛みがでている場所以外に原因がある
  • その両方に原因がある

の3つがあります。

 

 

図は小殿筋のトリガーポイント

 

赤色の範囲に痛みが出てる方

痛みが出ている場所から治療すべき場所を特定し、神経痛といわれてあきらめていた痛みも緩和させることができるのです!

 

痛みをとりたい方、神経痛だと言われた方、一度ご相談ください

ホームページ開設

柔道整復院十条のホームページをリニューアル致しました。
これからも地域医療に根付いた治療でより多くの患者様を少しでも笑顔にできるよう、痛みから開放されて生き生きとした生活をお手伝いできるよう、精一杯精進してまいりますので、今後共何卒宜しくお願い申し上げます。